工場の省エネ化でコストをカットして、支出を減らそう

温暖化を止める

工場を省エネにする意義は、エネルギー資源を節約するということだけではありません。
工場などで化石燃料を燃やすことによって電気を生み出す方法は、大気中に大量の二酸化炭素を放出するというデメリットが有ります。
大気中の二酸化炭素濃度が上昇することによって、地球の環境に大きな悪影響を及ぼしています。
二酸化炭素は温室効果ガスと呼ばれており、温度を逃さずに留めるという効果があります。地球には太陽から光が降り注いでいます。
それによって地表に熱が生じます。この熱は地表に留まるものと、放出されていくものがあります。しかし、二酸化炭素が増えることによって留まる熱が増えて地球全体の温度が上昇してしまっているのです。
この現象を地球温暖化現象と言います。
地球温暖化現象を防ぐためにも、工場の省エネが必要とされているのです。

地球温暖化現象によって、地球の温度が変わると地球上の生態系が大きく変わってしまいます。
温度の変化に耐え切れずに絶滅の危機にひんしている動物もいます。また、北極の氷が溶けだしてしまっているという問題もあります。
北極の氷が溶けることによって、氷の上で生活しているしろくまなどが生活する場所を失ってしまいます。また、溶けた氷の影響で海面が上昇して、海に沈む島なども出てきています。
省エネの対策を行なうことで、このような地球温暖化現象を防ぐことが出来ます。
二酸化炭素の排出が多い先進国を中心に京都議定書が結ばれました。省エネに努めて二酸化炭素排出を減らすという協定です。
工場で排出されるものの他にも、車の排気ガスも大きな原因と言われています。地球の為、そして会社のコストカットの為に工場の省エネ化を進めましょう。