工場の省エネ化でコストをカットして、支出を減らそう

化石燃料不足

日本では多くの工場があり、大量のエネルギーを消費しながら商品を生産しています。エネルギー資源には限りがあるため、工場で消費するエネルギーを抑える省エネの重要性が高まっています。
経済産業省のエネルギー庁では近年省エネ方が制定されています。省エネ法とは、エネルギー使用の合理化に関する法律です。
現在エネルギー資源の不足は世界的な問題となっています。その理由は、化石燃料の枯渇です。

化石燃料と呼ばれているのは、石炭、石油、天然ガスといった資源です。はるか昔に生きていた動物たちの死骸が地中に埋まり、液化したのが石油で、固形化したのが石炭で、気化したのが天然ガスです。
これらの化石燃料を使うことで火を発生させる事ができます。現在化石燃料を燃やして電力を発生させる火力発電が主流のため、電気を発生させればさせるほど化石燃料が少なくなるという事になります。
地中に埋まっている化石燃料には限りがあります。このペースで使い続けると、石炭は164年後に枯渇します。天然ガスは66年、石油はなんと40年で枯渇すると言われています。
できるだけ化石燃料を節約するためにも、工場の省エネ化が必要とされているのです。
省エネ法の対象となっているエネルギーは、化石燃料の他に、ガソリンや原油、重油、上記、温水、冷水といったものです。
廃棄物から回収されたエネルギーや、太陽光、風力といったエネルギーは対象外です。
中長期的な工場の省エネ計画を提出しなければ、罰則もあります。