工場の省エネ化でコストをカットして、支出を減らそう

補助金で初期費用節約

工場の省エネ化を図るには、様々な設備を変えたり、工場のシステムを変動させる必要があります。
しかし、中小企業の中には工場の設備を新しくする資金の溶融が無いということも考えられます。中長期的に見てランニングコストが安くなっても、初期費用を用意することが出来なければ省エネ化を進めることはできません。
このような状態を打破するために、経済産業省の資源エネルギー庁では地域工場、中小企業の省エネ設備導入にかかる出費を一部負担する補助金を出しています。
省エネ設備の導入を促進することで、企業がエネルギーコスト高を乗り切る事を目的としています。また、省エネ投資の促進によって、経済が活性化することを目的とした補助金です。
初期費用を抑えながら、ランニングコストを下げられるということで、出費を減らすために活用したい補助金です。

補助金が支給されるものの1つとして、最新モデルの省エネ機器を導入する際に資金援助を受けられるというものが挙げられます。
最新モデルで、かつ旧モデルよりも年に1%以上の省エネ効果がある機器を導入する際には資金援助を受けRう事ができます。
また、工場における電力ピークの対策、省エネ対策、エネルギーマネジメントに役立つ既存の雪衣の修理、メンテナンスを支援してもらうことが出来ます。
対象は、事業活動を営んでいる法人、もしくは個人事業主となっています。
補助対象となる省エネ機器を確認して、自社の工場に導入できそうか検討してみると良いでしょう。